企業情報

ごあいさつ

明治屋食品は、昭和21年に「明治屋精肉店」として開店致しました。以来、60余年「我が社は、地域社会の生活向上に必要な存在となる」を経営理念として営業を続けております。戦後の食糧難の時代から高度成長期、そして現在。様々な時代を潜り抜けて参りました。おかげさまで、多くのお客様からのご支持を頂き、太宰府、久留米、諸岡と三店舗の出店をさせて頂きました。これからも不変である、経営理念の元に社員一同日々の精進をさせて頂きます。宜しくお引き立て頂きますようお願い申し上げます。

会社概要

名 称 株式会社明治屋食品
代表者 代表取締役社長 後藤健吉
所在地 福岡県太宰府市都府楼南4丁目11番1号
会社創設 昭和21年10月
資本金 10,000,000円
店 舗

<太宰府店>
〒818-0105
福岡県太宰府市都府楼南4丁目11番1号

<久留米店>
〒839-0809
福岡県久留米市東合川5-1-3

<諸岡店>
〒812-0894
福岡市博多区諸岡3丁目22-42

経営理念

わが社は、地域社会の生活向上に必要な存在となる

経営目的

正しく、お取引先の成長に助力する 正しく、お客様により生かされていることを確認し、地域社会に貢献する。 正しく、社員の生活向上を図る。

社訓

自分の為にまず生き、社会の為により行き、人類の為に大きく生き、すべての為に広く生きよう。我社の個人、個人が成長する事により、我社は発展し、広く社会にも貢献できる。正しく営業を続け、正しく利益を確保し、正確に分配すべし。常に買う立場になって、商品を吟味し、安く売ろう。

日々の心得

無財の七施①眼施②顔施※①②とも いつもニコニコ、人も富も集まってきます③言辞施 きれいな言葉を使いなさい④身施 体を動かす事をおしまない⑤心施 真心で人に接しなさい⑥床座施 席をゆずってあげれる優しさ⑦房舎施 身辺、住まいを常にきれいに、そせいて人を招きなさい 何事も「プラス発想」

シンボルマーク

株式会社明治屋食品シンボルマークのテーマ
1.健康と安心
左の柱は健康を、右の柱は安心を追及し続ける企業姿勢を表しています。
2.合掌と感謝
左右から伸びた手が真中で合わさった合掌の姿を表しています。
この世のすべてに感謝する社員の心を表しています。
シンボルマーク
3.人間尊重
人という字は人間がお互いにささえあう形からできています。
明治屋食品は、食べ物を通じて人の命を預かる企業として人間尊重の企業理念を表しています。
4.環境・良化
温かい家庭環境の中で健やかに成長する子供たち。
未来を担う子孫の限りない成長の為、良い環境づくりのお役に立ちたいと願う企業姿勢を表しています。
5.変化に即応
中の空間は、明確で動かぬ企業理念の柱の中で常に時代の変化に即応できる応用力と柔軟性を表しています。

沿革

昭和21年10月 明治屋精肉店開店
昭和24年 昭和天皇九州巡幸 精肉納品
昭和38年6月 明治屋食肉産業株式会社設立
昭和42年2月 日本食鳥協会主催米国スーパーストアー視察
昭和51年5月 「ジャンボ肉市」開市
平成元年11月 MG会設立
(当社とお取引企業で構成され、セミナー、視察などの活動と、
お互いの発展を目指して設立)
平成4年 福岡県太宰府市都府楼南4丁目11番1号
平成6年10月 久留米インター店開店
平成8年 創業50周年式典挙行